So-net無料ブログ作成

娘にとって、パパって何?(2) [娘にとって、パパって何?]

朝。
出勤時、「行ってきまーす!」の際、娘に「チューは?」と言うと、
最近は三回に一回の割合でチューしてくれるようになりました~!!
(よしよし、パパの事大好きなんだ~。会社嫌いだけど、とりあえず行って来るか~。)
以前は、顔を近付けただけで「プイッ!」とされていましたので
これはかなりの進歩です。パパとの絆が深まった証拠ですよね?

しかし、夜。
眠くなっているせいかも知れませんが、パパに人見知りします!!!
例えば…ママが家事をしている間にパパとベッドの上にいる時。
ママとベッドの上にいる時は、おとなしく遊んだりそのまま寝たりする娘ですが、
パパとの時は、必死に脱出を試みます。
(逃がすもんか~ッ!!)と、半ば意地になり捕まえ、降りるのを邪魔すると大騒ぎ!
時には大泣きさせ、結局パパの手に負えなくなってしまう事も。

そして、休日。
二人でお散歩に出ると諦めるのか、素直に抱っこされていますが、
しかし既に、玄関のドアの前で見送るママを、娘は寂しそうな目で見つめています…。
そしてお散歩を終え、家に到着。
家に着いてママを発見すると、飛び移るようにママに抱きついていきます!!

娘が、「パパだ~いスキッ!ちゅーっっっ!!」
などと、言ってくれる日は訪れるのでしょうか???
もう一度叫びます。。。
「娘にとって、パパって何なんだぁ~~~!!!」
(その1はコチラ

おまけ。
最近、「おかあさんといっしょ」の「ぱわわぷたいそう」が大好き(らしい)な娘。
パパの前でも得意の、『指ぴよぴよ』をお披露目してくれました。
「グー、チョキ、、、」と言うと、「パぁー♪」と、最後のパーに合わせて歌ってもくれます。
もう、、、むっちゃくちゃ可愛くて、パパは感動!!!です。
スミマセン、結局親爆でした!(笑)

  ↓で、結局・・・


nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

nice! 9

コメント 15

momosuga

 自画自賛の写真が超かわいい~♪本当に嬉しそうですね。その横でもっとデレデレしているさとちゃんパパのお顔が見えるようです・・・。ウチの娘は結構パパっ子だんですよ。そして最近は息子までパパっ子です。その様子を私の別のブログでアップしているので(只今4つ運営中)トラバします。
by momosuga (2005-06-25 14:34) 

斉藤ようこ_nina

自画自賛はやっぱりかわいい♪
こちらからもTBさせてくださいませ〜。
by 斉藤ようこ_nina (2005-06-25 21:41) 

はる

前から思ってたんですけど~お目目大きいですよね~
優しいパパだから~きっとそのうち離れなくなったりしますよ~。
by はる (2005-06-26 00:21) 

happylamune

自画自賛、かわいすぎるー
by happylamune (2005-06-27 01:04) 

nyan

三回に一回?
え~そうなんだ~
いつでもしてほしいよねw

どうでもよいことなのですが、私は子供がいないのに、共通テーマ・育児的な記事が大好きなのです。←何を突然言い出しているのやらw
by nyan (2005-06-27 01:26) 

さとちゃん

>momosugaさん
nice!ありがとうございます! パパっ子、、、なんと羨ましい響きか・・・!! ブログ、4つも運営されてるんですか?スゴすぎっ!!! しかもTBされた記事、なんだかアルファベットが並んでますけど?? あ、辛うじて読めたので英語ですね(笑) 後で伺いますね!有難うございました~♪

>ひなぐまさん
TBありがとうございました! こちらが先取りしてやってしまうと、逆に誉められる(拍手!)こともありませんか? なんだか照れ臭いですよね(笑)

>はるさん
nice!ありがとうございます! 娘に対しての優しさには自信があるんですけどね~・・・フー、、、(タメイキ) どの写真を撮っても必ず「パパが嬉しそう!」と言われますし~(泣) “お目目大きい”は、一応褒め言葉でいいんですよね?(笑)有難うございます♪ 私似のパチクリ系です。

>happylamune@らむねさん
nice!ありがとうございます! あーー、とうとうらむねさんにもコーヒーをおごる日が…(←ご不明な点は、お問い合わせ下さい。笑) いえいえ、らむねさんもお美しゅうございます!

>nyanさん
nice!ありがとうございます! “会社嫌い~”はスルーして頂き有難うございます(笑) nyanさん子供好きそうですもんね。子供の気持ちが分かるヒトな気がします。(イイ意味ですよ!)
by さとちゃん (2005-06-27 04:23) 

さとちゃん

>ファーザーさん
nice!ありがとうございます!
by さとちゃん (2005-06-27 06:02) 

スペシャルエアー

自画自賛、本当にかわいい!!
この笑顔でムギューっときて、CHUしてくれるようになるといいですね♪
ウチの夫より子育てちゃっとしてるから、絶対大丈夫です!
by スペシャルエアー (2005-06-27 10:13) 

はるまきママ

我が家の場合、娘にとって、パパとは「都合のいい人」なんですが・・・(^_^;)
最近、物でつらないとパパに「ちゅ~♡」してくれないようになりました。

自画自賛写真、が最高です!
この笑顔でパパをイチコロにしてるわけですね?!
by はるまきママ (2005-06-27 17:11) 

rurucafe

最後の笑顔最高です!!めちゃくちゃかわいい!!
うちの子も、パパにはなかなかチューしません(笑)
私には、してくれるんですけどね、アハハ。
パパがんばれ~~。
絶対、その日はやってきますって!
by rurucafe (2005-06-28 19:43) 

さとちゃん

>スペシャルエアーさん
nice!ありがとうございます! ホント、可愛いんですよ~。(最近暑くなってきたので、今日からアイスコーヒーにします。もちろん、おごります!) ちゃんと子育て…自慢出来るのはお散歩くらいですが、これも室内だと仲良く出来ないからで、、、(←ちょっと北の国から風・笑) 今日は会社から帰ったら、娘がまだ起きていて「チュー」してくれました!!! 2回目は指差しで誤魔化されましたけど!!(微妙…) 私もジェットコースターな毎日です。

>はるまきママさん
nice!ありがとうございます! あー、やはりそうなってしまいますか…(泣) 挙句の果てには、突っ込まれる訳ですね?! しかし、娘の笑顔には毎日癒されてますよ~。もうメロメロです。(立ち直り親爆!)

>ruruoさん
おッ!?お帰りなさい!!待ってましたよ。 nice!ありがとうございます! 今日からアイスコーヒーですからね(笑)カウントお願いしますね! 最近、娘にチューしようとすると、「イヤイヤ」と言って首を横にぶるんぶるん振り回す事もあります。結構へこみますが…その日は来るんですね!? パパ頑張るぞー!(ってか、笑ってません?・笑)
by さとちゃん (2005-06-29 03:44) 

ファーザー

現在6才と3才になったばかりの娘がいます。つまり、2児の父です。娘がかわいくて、かわいくて(もちろん前も今も)しょうがないです。その小さい時を(今もそうか)、懐かしく思い出させてくれました。大丈夫、そのうちパパ大好きになりますよ。参考までに、関連する私の記事を送りますね。

2005.6.28(火)娘に信頼されているのを確信した瞬間!
・先週の土曜日、家族で図書館へ行った。前回借りた本20冊を持って、家族4人で車に乗り込んだ。(加茂市立図書館は一人当たり5冊まで借りられる。)

 私は、図書館に着き、借りた本の入った手提げ袋をもって、先に立って歩いた。図書館の正面玄関に来たときである。後ろから有子が「お父さ~ん。」と言いながら、まっすぐに私の所へ駆けてきた。そして、私の腕の中へ倒れ込んできた。私はさっと抱き上げて、図書館に入った。とっても素敵で心地よい瞬間だった。

 「お父さ~ん。」という有子の声、駆けて来る有子の姿、そして倒れ込んできた有子を受け止めた体の感覚。これらとともに、おそらくこの瞬間は、一生忘れないだろう。

 私が抱こうとすると、「お母さんがいい。」と、よく泣きながら言っていたことが思い出される。その度に妻が「どうしたの。お父さんでしょ。」と言ってくれた。(この対応は有り難かった。母親が恐がるものを恐がり、母親が受け入れるもの受け入れるもの傾向が強いそうなので。)それでいて、絵本を読んで欲しいときは「お父さん、この本読んで。」と言って、膝の上に乗って読んでもらって喜んでいた。自分で気が向くと、よくお父さんの膝の上に乗ってきた。そんな時あまりにかわいいので、「捕まえた。もう離さない。」とやると、とたんに嫌がり「タスケテ。」などと言っていた。
 ところが、いつ頃からか「お父さんダッコ。」などと言うようになってきた。そして、この図書館での一件である。私が次女から信頼されていることを、全身で確信した瞬間であった。
 
 長女についても同じような一件があり、今でもはっきりと覚えている。
 今から4年程前、私は現職のまま(恵まれたことに給料をもらいながら)、大学院で学んでいた。家族4人で学生世帯寮に入っていた。キャンバスを歩いていると、遠くから陽子(当時2才)が「あっ、お父さんだ! 『お父さ~ん。』」と言いながら、手を振ってくれたことがあった。この瞬間も、私が長女から信頼されていることを、全身で確信した瞬間であった。

 さて、岩月謙司『娘は男親のどこを見ているか』(講談社+α新書)がある。その中に「非常に重要な父と娘の恋物語」という一節がある。少し長くなるが一部引用する。

 「小さい女の子が『わたし、パパのお嫁さんになる!』と言うことはよくあっても、『ボク、お母さんと結婚したい!』と言う男の子はそれほどいません。これは、女の子特有の現象です。女の子が幼児期(2歳~4歳の頃)に、お父さんに恋をする時期があるために発生する現象です。 お父さんを自分の父親として認知すると、娘は父親と恋をしたくなるのです。娘にとってこの時期にする父親との恋物語は非常に重要です。 なぜなら、お父さんとの恋が成就した娘は、将来、いい結婚ができるようになるからです。 娘との強い信頼関係で結ばれた女性は、将来、たとえ、男性に2,3回裏切られても、『いや、きっとこの世には自分と愛と信頼の関係を作れる男性がいるはずだ』という信念で恋人を探しつづけようとします。誠実な男性を探そうという意欲が揺らぐことはありません。父親と同じように誠実で、自分を愛してくれる男性がきっといるに違いないと信じつづでられるからです。信じる人間はいるか探し当てるものです。つまり、いい結婚ができるのです。 しかし、父親との恋に破れると、この世に自分を本気で愛してくれる男性なんているはずがないと、思うようになります。……(以下略ファーザー)」
 また、あとがきには「たとえ不美人に生まれても、お父さんが、幼児期からかわいい、かわいいと言ってあげたら、本当にかわいい顔になっていきます。顔の作りは良くなくても、愛嬌があったり、そばにいるとほっとする何かを持っている女性になるのです。……(以下略ファーザー)」とある。

 父親と強い信頼関係で結ばれること、娘へのあたたかい接し方は、娘の幸福にきわめて重要なようだ。ちょうど2年ほど前に読んだ本だが、あちこちにラインが引いてある。
 父親は、読んでおいて損はない本だと思う。
家族専科http://www016.upp.so-net.ne.jp/kazoku/
by ファーザー (2005-07-02 05:03) 

さとちゃん

>ファーザーさん
記事、読ませて頂きました! 娘さんをいとおしく思われ、父娘の絆を実感した瞬間、日常の何気ない出来事のようで、それにはそこまでのファーザーさんの娘さんへの働きかけが信頼を得るものであり正しかったと証明するものなのだろうと解釈しました。 私はまだまだ親として新米で、日々、娘の成長に合わせて娘と共に悩みを解決し、家族であろうと心がけているのみです。 娘がもう少し成長し、私に対して言葉を発し何かを求めて来た時、その時にファーザーさんの伝えて下さった事を実感出来るのだろうと思いました。 最近、娘が私に対して首を大きく左右に振り、「イヤイヤ!」と言って拒絶する事が多くなって来ました。 しかし顔は笑っており、何となく愛情を試されているようにも感じています。 私にとってはワガママな彼女を持ったような気分で、ファーザーさんにご紹介頂いた本の通り、父親に恋をする娘という状況も、なんとなく理解出来るような気が致しました。 機会があれば手に取ってみたい本です。 有難うございました!
掲載頂いた記事に、こちらからトラックバックをさせて頂きます! もしよろしければ、そちらからもトラックバックをお願いします。 後程そちらへお伺いさせて頂きます。
by さとちゃん (2005-07-03 02:05) 

ファーザー

コメント、ありがとうございます。
まだ、トラックバックのやり方がよくわからないんです。
研究してみます。
by ファーザー (2005-07-03 21:31) 

さとちゃん

>ファーザーさん
再訪ありがとうございます! トラックバックは、私も初めさっぱり分かりませんでした(笑) 私のやり方でたぶん間違ってはいないと思うのですが…

トラックバックしたい相手の記事の下、トラックバック欄
(関連記事のすぐ上のあたり) に書いてある、
“この記事のトラックバックURL:” をコピーして、
(例えば私のこの記事でしたら、
 http://blog.so-net.ne.jp/satsuki-kawaii/2005-06-24/trackback
 記事自体のURLの最後にtrackbackを付け足したもの)
ご自分の関連記事を編集するページの詳細設定の項目の中の、
“トラックバックURL”の項目にトラックバックURLを貼り付け、保存します。
これで、相手の記事へのトラックバックが完了します。

是非試してみて下さい。
by さとちゃん (2005-07-08 05:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。